• ホーム
  • 愛犬のしつけは最初が肝心なのでしっかり行いましょう

愛犬のしつけは最初が肝心なのでしっかり行いましょう

犬にえさをやる人

犬を飼い始めたころに特に重要となるのがしつけです。成長しきった犬にしつけを行うのは容易ではないため、最初の頃にどこまでしつけられるかが重要となります。しつけと言っても叱れば良いということではありません。大切なのは何が良くて何が悪いのかをしっかりと覚えてもらうことです。例えば言うことを聞いた場合には褒めることが重要となります。褒める際には言葉に出すこと、なでること、お菓子をあげることなど分かりやすく表現するようにしましょう。最初の褒めやすいポイントとしてはドッグフードを食べる前の待てがあります。しっかりと待つことが出来れば褒めるようにしましょう。

小さな子犬の場合噛み癖があるケースも多いです。犬は基本的にはよほどのことが無い限り本気で噛むことはなく、甘噛みをしています。しかし、噛み癖を残したまま育ててしまうと大きくなった時に本気に近い力で噛む可能性があります。来客などを噛んでしまっては大変です。そのため、噛み癖の段階で矯正しておくことが重要となります。闇雲に噛んでいるようなら叱ってそれがダメなことであることを伝えましょう。トイレを覚えさせることも重要な要素の1つです。トイレを覚えていないとそこらじゅうでトイレをしてしまい、家の中が大変なことにもなりかねません。幼いころにトイレを教えておけば、長く所定の場所でしてくれるようになります。トイレを設置してそこで用を足した時には褒めるということを繰り返して、覚えさせていきます。

留守番が出来るところまでしつけられると、かなり順調と言えるでしょう。留守番中に不審者が現れたときには吠えなければなりませんが、家族などの場合には警戒した吠え方をする必要がありません。その判断が出来ているかどうかが留守番のポイントです。

愛犬を育てる上では散歩も非常に重要となります。室内犬と室外犬、またその体形などによって必要な散歩の頻度は異なってきます。しかし、基本的にはほとんどの犬種において散歩が必要になると言えるでしょう。散歩をすることで筋肉が刺激されるので健康にも良い影響があります。散歩中に愛犬同士が出会うと吠えあうことがありますが、このときにも無駄吠えさせないように叱ることが大切です。夏場になると地面から非常に高温の熱が伝わり、愛犬が火傷してしまう恐れがあります。そういった場合には室内でしつけながら、運動不足を解消できるように遊んであげることが大切です。

関連記事
愛犬のために健康を重視したドックフードを選びましょう 2019年10月27日

犬を飼う上でドッグフードの選び方は極めて重要となります。ドッグフードを安定して食べてくれなければ、成長の大きな妨げとなるからです。ドッグフードを選ぶ際にはいくつかのタイプがあることを踏まえ、それぞれの特徴を知っておくことが大切と言えるでしょう。ドッグフードのタイプの1つがセミモイストタイプです。この...

ペットが病気にかかることが多いのでペット保険に加入しておくと良い 2019年10月24日

人間が病院を利用する際には保険を使用することがあります。保険があれば治療費の何割かが補償されるので、場合によっては大幅な負担緩和となります。しかし、ペットに関しては保険に入っていないという方も少なくないのではないでしょうか。ペットも怪我や病気の際には病院で治療を受けることがあります。その際に大きな費...

ネクスガードがあれば愛犬の健康を守ることができる 2019年10月21日

フィラリアの駆虫薬にはチュアブルタイプと、塗り薬タイプがあります。このうちネクスガードはチュアブルタイプに含まれます。チュアブルタイプはペットに食べさせることにより、その成分を体内に届けるのが特徴です。塗り薬などを塗ると暴れてしまう場合にもチュアブルタイプならば問題はありません。ネクスガードはただの...