• ホーム
  • 愛犬のために健康を重視したドックフードを選びましょう

愛犬のために健康を重視したドックフードを選びましょう

犬を診る医者

犬を飼う上でドッグフードの選び方は極めて重要となります。ドッグフードを安定して食べてくれなければ、成長の大きな妨げとなるからです。ドッグフードを選ぶ際にはいくつかのタイプがあることを踏まえ、それぞれの特徴を知っておくことが大切と言えるでしょう。

ドッグフードのタイプの1つがセミモイストタイプです。このタイプは水分含有量が25%から35%となっていて、柔らかい食感を特徴としています。オーソドックスなタイプでもあるため多くの犬から支持を集めており、初めてペットを飼った方もまずはこのタイプから試してみるのが有効と言えるでしょう。ソフトドライタイプもセミモイストタイプと同様の水分含有量となっています。ソフトドライタイプは少し膨らませて作られており、その点が大きな違いです。セミモイストタイプやソフトドライタイプは浸潤調整剤を使用することにより、なるべく水分が飛ばないように工夫されています。しかしながら、完全に水分が飛ばないということではなく、保管している間に徐々に水分が抜けていきます。水分が抜けても食べさせることは可能ですが、食感に変化が出ることもあります。

ウェットタイプは水分含有量が75%となっているドッグフードであり、やや水気を含んでいるのが特徴です。缶詰やレトルトパウチなどがここに含まれます。ウェットタイプを好んで食べる犬も多いです。中には肉や魚を原料としたオートミールタイプもあります。ウェットタイプは水分をたくさん含むことから、保存の際には気を付けておく必要性が高いです。特に開封後はなるべく速やかに食べさせるようにしましょう。ドライタイプは水分が10%以下のドッグフードであり、コストパフォーマンスが良いのが特徴ですが、あまり得意としない犬も多いです。ドライタイプは一般的に売られているフードの中で特に長持ちします。

ドッグフードを選ぶ際には年齢や体調に合わせることも重要となります。幅広い年齢の犬にとって大切なのがタンパク質です。タンパク質が少ないと筋肉量が減ってしまうことがあります。体調が悪そうなときは柔らかめのフードをあげることも大切です。健康管理をするためにカルシウムを多く含むフードを選択したり、成長に応じて量を増やしたりすることも重要となります。いつも食べているフードを食べないときには何か体調不良を起こしている可能性があります。このように健康管理と健康チェックを行う際にも有効であり、どれくらい成長しているかを確認することも出来ます。

関連記事
愛犬のしつけは最初が肝心なのでしっかり行いましょう 2019年10月31日

犬を飼い始めたころに特に重要となるのがしつけです。成長しきった犬にしつけを行うのは容易ではないため、最初の頃にどこまでしつけられるかが重要となります。しつけと言っても叱れば良いということではありません。大切なのは何が良くて何が悪いのかをしっかりと覚えてもらうことです。例えば言うことを聞いた場合には褒...

ペットが病気にかかることが多いのでペット保険に加入しておくと良い 2019年10月24日

人間が病院を利用する際には保険を使用することがあります。保険があれば治療費の何割かが補償されるので、場合によっては大幅な負担緩和となります。しかし、ペットに関しては保険に入っていないという方も少なくないのではないでしょうか。ペットも怪我や病気の際には病院で治療を受けることがあります。その際に大きな費...

ネクスガードがあれば愛犬の健康を守ることができる 2019年10月21日

フィラリアの駆虫薬にはチュアブルタイプと、塗り薬タイプがあります。このうちネクスガードはチュアブルタイプに含まれます。チュアブルタイプはペットに食べさせることにより、その成分を体内に届けるのが特徴です。塗り薬などを塗ると暴れてしまう場合にもチュアブルタイプならば問題はありません。ネクスガードはただの...